早めに請求すること

弁護士

時効は完済から10年

過払い金のCMがテレビで頻繁に流れています。CMを見てもしかしたら自分にも過払い金があるかもと思った方は早めに弁護士事務所に相談をすることです。自分は消費者金融からお金を借りたことがないから関係ないと思っていてもクレジットカードのキャッシングを利用していた方も2010年以前はグレーゾーン金利での利率であったことから発生している可能性が高いのです。借金返済が終わっていれば相談は無料、着手金は無料で過払い金の有無を調査してくれる法律事務所が多いのですので早めに相談をすることです。早めに相談をおすすめする理由としては、過払い金請求には時効があるからです。借金返済が終わってから10年経過してしまうと時効により請求する権利を失ってしまうからなのです。いずれ弁護士事務所には相談するつもりだったけれど今は忙しいから時間に余裕ができたときにと思っていると、いつの間にか10年経過していたということになりかねませんので早めに相談をすることです。そして、借金返済から10年経過していなくても近年では過払い金返還が経営を圧迫して倒産してしまう貸金業者が増加の一方です。取引していた貸金業者が倒産してしまうと過払い金を請求することができなくなってしまいますから、特に中小規模の消費者金融や銀行傘下ではない独立系の消費者金融などから借金返済を行っていた方は注意する必要があります。借りていた当時の契約書やカード、明細書が無くても借りていた会社名さ分かれば過払い金調査をしてもらうことができます。