ローンを組みたいが

法律書

ブラックが心配

過払い金返還請求をしたいが、過払い金請求の手続きは債務整理の一種です。債務整理をするとブラックリストに登録される、つまり個人信用情報機関(JICC、KSC、CIC)に事故情報が登録されてしまいます。事故情報が登録されてしまうと、住宅ローンを組むときやクレジットカードを作成しようとして申込みをしても審査で落とされてしまいます。そもそも債務整理は、借金返済能力がないために行いますから、貸す側としては安心して融資をすることができないので、ブラック登録されている人へは融資を行わないのです。そういった心配があるために、債務整理のひとつの手続きである過払い金請求をしても大丈夫なのかと不安を抱えている方もいます。これに関しては、カードローン借金返済が既に終わっていて残高がゼロである方は過払い金をしてもブラックリストに登録されないのです。違法な金利で発生した利息を取り戻すのは正当な権利ですから、ブラックリストに登録されないのです。また、現在借金返済中の方も発生したいた過払い金の金額が残高を上回っていれば、相殺ができ借金残高を無くせるだけでなく残高を超えた分は現金として手元に戻って、ブラックリストに登録もされないです。借金返済でも過払い金請求は行えますが、注意しなければならないのは過払い金発生額が残高を下回っている場合です。この場合、残高を減額だけるだけなので任意整理となり事故情報は登録されてしまいます。残高がある方の過払い金請求は、このような点に注意して請求をすることです。